Profile
プロフィール

高橋有希子

ログインすると、この記事をストックできます。 ログイン

プロフィール

女性起業家高橋有希子

10代で6年半豪州に住んだ帰国子女。早稲田大学教育学部卒業後に野村證券に総合職として就職。後に東京インターハイスクールの立ち上げに携わる。米国の「セルフポートレート™学習法」を日本版にして導入。20年間で1000人の中高生に実践し、ハーバード大、早稲田、慶応義塾大などに進学実績を作る。現在はインフィニティ国際学院副学院長も兼任。マインドフルラーニングの「学習スタイル認定コーチ」は全国30名以上。

今の仕事を一言でいうと?

大人から子供までの学習コーチ

どんなスキルや得意、好きを仕事にしましたか?

「面白そう」「これだ!」と直感的に感じたら、どんどん突き進んでいくことができること。

あなたの強みは何ですか?

周りに何を言われようとも、自分の信念を貫き、形にすることができる行動力

あなたの弱みはなんですか?

周りの気持ちを尊重してことを進めるのが苦手です。得意な人にお願いしています。

今の仕事をどうしていきたいですか?

子どもの「学習スタイル」を知ることは社会的に意義があるので全世界の必要な人に届けたいです。

経歴

1991年1月
Ivanhoe Girls’ Grammar School卒業
1996年3月
早稲田大学教育学部社会学科社会科学専修卒業
1996年4月
野村証券株式会社 総合職 入社
1999年5月
長男出産
1999年11月
アットマークインターハイスクールの立ち上げメンバーになる 米国で学習スタイルの研修を受け、オンラインの学習コーチを務める
2001年3月
長女出産
2004年7月
次女出産
2004年11月
夫の転勤で米国シリコンバレー(サンノゼ)へ転勤。
2008年11月
サンノゼ⇒シカゴ⇒帰任 子ども3人は現地校へ通う
2009年4月
アットマークインターハイスクールで教務主任となる
2011年8月
共同創立者としてインターハイスクールの株を取得。学校名を東京インターハイスクールに変更。生徒0スタッフ0からスタートした。
2018年12月
退職 個人事業「マインドフル子育て」を始めた
2021年
長女の通うAPU立命館アジア太平洋大学の父母の会会長を務める
2022年4月
インフィニティ国際学院副学院長に就任。株式会社マインドフルラーニングを立ち上げた。
この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン