Editors Note
編集後記

猫に毎日「残すんじゃないよ」とささやき続けるワケ

長谷川です。

最近、猫のご飯の時の口癖が「残すんじゃないよ」です。

SDGs、サスティナブル、エコ、フードロス……。

そんなことを考えているわけではないですが(少しは考えています)、

だって、とてつもなく猫のご飯が値上がりしたので。

ロイヤルカナンのパウチ。48袋 5600円⇒7800円。税込みだと8000円超え。

1日3袋食べるから、16日分。一か月で約16000円。

これに毎日チュール1本が加算される。

そりゃあ、袋に1粒も残さず、グレービーソースも1滴も残さずお皿に移して、猫に「残すんじゃないよ」と言いたくなります。

だけど「今までが安すぎた」のかもしれないと思ったりもします。デフレに慣れて、なんでも、良いものが安いのが当たり前になってたなと思う自分もいます。

そういえば、コロナになってコースランチ3500円だったのがいっきに5500円になったお店とか。

だけど、飲食店がいくらアルコールで利益を得るといっても、こんな手の込んだ料理と食材とボリュームで、シェフが作って、ウェイターがきりっと給仕してくれて。

お弁当280円とかも、考えてみたらおかしい。弁当箱、お手拭き、お箸までついて280円のチキン南蛮弁当って、いったい何?

値上げはうれしくはないですが、「適正価格って」と考える今日この頃です。

この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン