Interview
インタビュー

「好きなものがつなげてくれた結びつきって強い」という小泉今日子と「先のことはわからないからとにかくやってみよう」という浜田真理子の仕事論。『マイ・ラスト・ソング』を通じて伝えたかったこと。

ログインすると、この記事をストックできます。 ログイン

一緒にアルバムを制作し、ツアーを続けてきた小泉今日子さんと浜田真理子さんが、「好きなことを仕事にする」をテーマに語ります。

プロフィール

シンガー・俳優小泉今日子

(こいずみ・きょうこ)1982年に歌手としてデビュー。17才のときに久世光彦氏に出会い、演技や文章など大切な事を全て教わって以来、久世を恩師と仰いでいる。女優として映画や舞台に多数出演。2015年制作会社『明後日』を立ち上げ、舞台や音楽イベントなどの演出やプロデュースなどにも従事。

プロフィール

シンガーソングライター浜田真理子

(はまだ・まりこ)学生時代より、ピアノで弾き語りの仕事をはじめ、1998年1stアルバム『mariko』でデビュー。04年にはドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)に出演して反響を呼んだ。各地でのライブを中心に活動しながら、アーティストや映画、ドラマへの楽曲提供なども多数行う。

演出家・久世光彦の世界を唄と朗読で表現したCD『マイ・ラスト・ソング・アンソロジー』としてリリースした小泉今日子さんと浜田真理子さん。好きなことを仕事にしてきた二人が、好きなことを仕事にしたい人に贈る言葉とは。

「好きなことを仕事に」よりも「好きなことが音楽で、音楽は自分」

浜田真理子:私は2008年まで、会社員をしながら音楽活動を続けていました。ナイトクラブやバーで修業をしていた時代は、お客さんのリクエストに応えて弾き語りをすることもあったので、どんな曲がきても大丈夫なように、たくさんの曲を覚えました。若いときは何でもやってやろうという思いでやっていましたね。自分の人生にどれだけの時間があるのかは、誰にも分からないですよね。猫とか食べ物など、「好きだ」と言えるものを持っているのは素晴らしいことと思うので、それが仕事には繋がらなかったとしても、好きだという気持ちを通じて見えるものもあるはず。私自身は、好きな仕事をしているという意識はなくて、「好きなことが音楽で、音楽は自分だ」という感覚があります。

「好きなこと」がわからなくても何かに繋がるために行動を

小泉今日子:「好きなことがない」という子が、多い気がします。ロスジェネ以降、悪化しているんじゃないかな。夢を聞かれて「公務員」という子も多い。安定も大事だけど、そうじゃなくて、なんでも、やってみなって思う。私たちが子どものときは、好きなものを見つけたら、とにかくそこに出入りしていましたよね。カフェでも映画館でも、好きだったら毎日行く。出入りしていると、そこで大人が声をかけてくれることもあって、色んな人と繋がるミラクルが起きたりもした。生活するための軸を持っているなら、好きなことのために動いてみるのも悪くない。行動をすることは、可能性を広げる一歩になるんじゃないかな。

10代、20代のときの経験は後で生きるものばかりだった

小泉今日子:好きなものを通じて出会った仲間は、絵を描いていたり、洋服を作る仕事をしていたり、それぞれの道に進んでいますが、いまも親交があるんです。好きなものがつなげてくれた結びつきって強いと思います。昨年、デビュー40年を迎えたときも、その友だちたちが集まって、「Tシャツ作ろう」とかあれこれ考えて、お祝いしてくれたんです。今年は仲良しのバーのママが還暦を迎えるので、今度は私の番と、あちこち電話をしたりしてパーティーのブッキングをしているところです。10、20代のときには、大したものは持っていないと思っているかもしれないけれど、いつか助けになるものばかりです。

自分に自信が持てない時も「大丈夫」と声をかけて

浜田真理子:若いときは不安に思うことも、迷うこともあると思います。私たちもそうだったけれど、私も来年は60歳だし、この人(小泉さん)と合わせると数年後には、120歳になる。やりたいと思うものに、自分で「できないかも」とストップをかけるのはもったいないこと。先のことは誰にも分らない。とにかくやってみよう。「大丈夫」と言ってあげたい。

取材・執筆・写真/翡翠
編集/MARU

【リリース情報】

2023年5月3日(水)リリース
『マイ・ラスト・ソング アンソロジー』
CD2枚組 ¥4,400(税込)
COCP-42002~3(びいだまレコーズ/日本コロムビア)
DISC1:唄・ピアノ:浜田真理子&朗読:小泉今日子による新録音
DISC2:オリジナル音源によるコンピレーション盤
CD商品詳細はこちら

2023年5月3日(水)配信リリース
『マイ・ラスト・ソング アンソロジー -コロムビア・セレクション-』
COKM-44354(配信限定)
浜田真理子の弾き語りの唄と小泉今日子による朗読と、エッセイ『マイ・ラスト・ソング』から厳選した12曲のオリジナル楽曲(CD版未収録の音源も収録)を収録
配信詳細はこちら
配信リンクはこちら

【ツアー情報】


マイ・ラスト・ソング2023~久世さんが残してくれた歌~

【神奈川】Billboard Live YOKOHAMA
5月7日(日)1st:16:30 / 2nd:19:30
【福岡】北九州芸術劇場中ホール
5月13日(土)1st:14:00 / 2nd:18:00
【大阪】Billboard Live OSAKA
5月20日(土)1st:16:30 / 2nd:19:30
【島根】島根県民会館中ホール
5月27日(土)17:00
5月28日(日)  14:00
【岐阜】
6月3日(土)17:00 ぎふ清流文化プラザ長良川ホール
6月4日(日)15:00 可児市文化創造センターala 主劇場  
【北海道】道新ホール
6月9日(金)19:00
【東京】I’M A SHOW (アイマショウ)
6月11日(日)16:00
■テキスト 久世光彦
■構成  佐藤利明
■演出  佐藤剛
■出演  (唄・ピアノ)浜田真理子(サックス)Marino(朗読)小泉今日子ツアー詳細はこちら

ログインすると、この記事をストックできます。 ログイン

この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン