Interview
インタビュー

「透明を色だと思っているのですね」と言われたとき、人生が動きはじめた。透明愛好家tomeiインタビュー

透明の美しさを際立たせたスイーツ、表現、世界観をクリエイト。自分の好きを活かしながら仕事も得ていくための心得などを伺いました。

tomei

プロフィール

クリエイター透明愛好家tomei

クリエイター東京都出身。透明なものをこよなく愛し、自ら作ったり集めたりしたものを、SNSで発表し話題を呼ぶ。以後、SNSを中心に、書籍や雑誌などで活動中。夢は透明な博物館をつくること。2021年よりフリーランスにて活動する。著書に『世界一美しい 透明スイーツレシピ』(KADOKAWA)がある。

「透明」を色として認識したことはありますか?

「透明」は無味無臭。
「空白」または「存在しない」もの。

そもそも「透明」について考える機会はそもそもあまり無いのではないでしょうか。しかし、この透明が存在するものであり、心を揺さぶるような美しさを持っている事を教えてくれた方はいます。今回、取材させていただきました、クリエイターの透明愛好家tomeiさんです。

透明愛好家tomeiさんは、透明の美しさを際立たせたスイーツ、表現、世界観をSNSで発信し、瞬く間に話題となりました。2020年に『世界一美しい 透明スイーツレシピ』(KADOKAWA)を出版。メディアでも紹介され、仕事の幅が一気に広がったといいます。

しかし、その透明を表現する以前は、「透明が好き」ということを誰からも理解してもらえないのではないか、という葛藤もあったそうです。しかしその後、その葛藤こそが最大の武器であったと気づける瞬間に出会います。

クリエイターとして独立するにあたっての不安。表現を絞り込むことで仕事の幅が狭くなるリスク。また、一時の話題で終わらせずに今後どう展開していくのか……。自分の好きを活かしながら仕事も得ていくための心得などを、Q&A形式でうかがいました。

作風は、小さな変化を積み重ねていくうちに自然と滲み出てくる

ライター顔写真

「透明」に絞り込んで活動するスタイルについて 究極のシンプルに舵を切った理由とは何でしょうか?

インタビュアー顔写真

究極のシンプルに舵をきったかと自分に問いかけてみると、実はそうでもないのかもしれないというのが本音だったりします。「透明」という存在は自身の好きなものの中の一つです。好きなものはいくつあってもいいなと思っていて、一つの光が「透明」に照らされたような……。気持ちとしてはそんな風に捉えています。

今は、透明愛好家として活動する他にもフリーランスで写真や動画の制作関連のお仕事をしたりしています。表現方法のひとつとして、写真や映像に出会ったのは本当にここ数年のことで、もともと小さい頃から絵を描いたり、お菓子を作ってみたり、服、キャンドル、アクセサリーなど気になったものは作ってみるといった感じで細分化しないまま、ものづくりそのものを楽しんでいました。

それらを経て思うのは、写真や動画を通して伝える他にも、こうして言葉を綴ったり、雑貨を集めてみたりなど、好きを表現する方法はたくさんあることを日々実感しています。

ライター顔写真

作風を固定することで仕事の幅が狭くなるデメリットはないのでしょうか?

インタビュアー顔写真

作風というのは、その人らしさが表れる良さがつまっていると私は考えています。「作風」というのは捉え方によっては強い味方にもなり、時には人を縛ってしまう不思議な存在で、 あまり意識をしすぎない事も大切なのかなと思います。その人らしさというのは小さな変化を積み重ねていくうちに自然と滲み出てくるようなもので。

「透明」に関しては「好き」という気持ちで始めたものですから、メリット・デメリットなどで天秤にかけることをあえてしていないのはあります。

葛藤すらも楽しんで作品を作る

ライター顔写真

好きなものだからこそ続けられる、でも好きなものだからこその葛藤はありませんか?

インタビュアー顔写真

透明愛好家としてお仕事をする中で、「作品との調和」という点では自分の中で葛藤が生まれる時はあります。それは自分ひとりだけの作品ではないからこそ生まれるもので、お互いの世界観を引き立たせながら作品を落とし込んでいく上で大切な要素であったりします。

自身にとって作品作りは、作品だけで完結ではなく作品を置く空間や新しい要素と合わせたときに、心通わせるように多種多様な要素を紡いでいって、ようやくその形ができあがります。そうした葛藤の先には、やはり自分ひとりだけでは辿り着けないような新しい気づきがあったりして、料理のレパートリーが広がるみたいに、葛藤すらも楽しんでいくようにしています。

ライター顔写真

SNS の反響だけでフリーランスに踏み切ったのでしょうか?

インタビュアー顔写真

SNSで応援してくださるフォロワーのみなさんが背中を押してくれたことは大きかったかな、と思います。

フリーランスになる以前は、平日は朝、透明な写真を撮影した後、会社員として働く傍らで、 休日は写真や映像のお手伝いをしながらといった3足のわらじというのでしょうか。そんな生き方をしていて。

透明愛好家としての作品作りのご相談をいただける機会が嬉しいことに増えてきたこと、そして自分と向き合った時にこれから何をしたいかと問いかけたときに「透明愛好家としての時間をもっと作っていきたい」という気持ちになったことがフリーランスへ踏み切るきっかけになりました。

自分のことは自分が一番わかっているようでわからない

ライター顔写真

透明という作風に限界はないのでしょうか。流行り廃りなどは、どう捉えていますか? また、限界がこないために取り組まれていることとはどんなことでしょうか?

インタビュアー顔写真

「透明」はずっと昔からあり続けていて、それらを再認識してくれる方が多いか少ないか。流行り廃りというのは一つの波の流れのようなものだなと考えています。

もちろんひとりでも多くの方の目に触れてもらうことは嬉しいですが、たったひとりでも心に響くようなものであることが何よりも嬉しいので、あまり流行り廃りという物事に関しては考え過ぎないようにしています。 波には抗うことなく、流されるがままにです。

作品作りの幅ついては、「ゼリー愛好家」というよりも「透明」という色そのものが好きなので、そこに色があり続ける限りアイデアは広がっていくと個人的には考えています。ゼリーという食べ物に限定されるレパートリーよりも透明色を用いたものの種類は豊富です。透明な料理、雑貨、インテリア、建築、アート……etc

「透明」は組み合わせ次第でアイデアの引き出し箱を増やしていける材料のようなもので、そういった点ではマイナーなようで、幅が広がりそうな自分の「好き」や「興味」を掘り下げてみると、新しい世界が広がるきっかけになるかもしれませんね。

ライター顔写真

tomeiさんのように活躍したいと思っている読者へアドバイスするとしたら、どんなアドバイスをされますか?

インタビュアー顔写真

アドバイスをすることがなんだかとても恐縮で……。ひとつ自分の経験をお話するなら、透明愛好家として活動を始める前に、あるとき友人達との雑談の中で、「好きな色を3つ教えて」と聞かれた際に、「白、水色、透明」と咄嗟に口に出したことがありました。

「透明を、色だと思っているのですね」

そう返されたときが、周りと自分との違いに気づく瞬間でした。

他人との違いに思い悩む事もありましたが、今思い返すとその違いに気づけることはかけがえのない時間だったと思います。自分のことは自分が一番わかっているようでわからない時もあったりするものです。

自身が道に迷ったときに導いてくれたのは、意外とすぐそばにある日常そのものだったりします。それらは人を介して気づく事もあれば、一人で過ごす余暇の時間にふと気づく事もあるかもしれませんね。

まわり道は決して無駄にはならない

ライター顔写真

tomei さんがご自身のお仕事に対して一番大事にしているポイントは何でしょうか?

インタビュアー顔写真

大事にしていることはたくさんありますが、ひとつあげるとするなら、お互いが心地よく進めていけるようにと心がけています。 お仕事のご相談をしてくださる方々はみなさん本当に優しい方々ばかりで、いつも救われるような気持ちでものづくりをしています。その気持ちに精一杯答えていけるように、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいます。

ライター顔写真

tomei さんご自身がフリーランスになる前、また直後の悩みを、未来(現在)のご自身がアドバイスするとしたらどんな言葉を掛けますか?またどんなアドバイスが欲しかったですか?

インタビュアー顔写真

「何かに立ち止まる瞬間も、悩みや失敗があったとしても、それらが無駄になることはないですよ」

そう、ひとことだけ伝えます。 ときにまわり道をすることで学ぶ経験は、時を経るごとに確かな気持ちへと変わると信じて、今も昔も、そしてこれからも起こりうるものごとを受け入れていけたらと思います。

取材を終えて

「自分のことは自分が1番わかっているようでわからない」

tomeiさんへの取材の中で、この言葉がとても響きました。

自分のことって、実は案外わからないものだなぁと感じます。自分がどうありたいのか、どうなりたいのか。それらを意識して考え、自分と向き合う時間を持たないと、誰も答えを教えてはくれません。

また、「自分はこういう人だ」と思っていても、周りの人からの見え方が異なっていることもあるでしょう。自分で自分を思い込んでしまっていることって、実は結構あるのかもしれません。

特別なスキルや好きなことがない私でも、自分で何かを始めたいと思うようになり、Ⅰam編集部員として取材する中で思ったことがあります。それは、日々自分自身の声を聴き、人から向けられた自分への言葉にも意識を向けてみるということ。自分のことを考える時間を少しでも持つことです。

時間は有限です。意識しないとあっという間に時は過ぎます。特に私と同じように、自分のことを一旦置いて、仕事や家族、家事や育児と、自分以外のことに時間が埋められていく真っ只中の世代の方には、1日のうちの数分でも「自分の声を聴く」時間を持つと何かが見えてくるように感じます。

「自分には何もない」のではなく、「自分のことに目を向けていない」だけ。tomeiさんの言葉から改めてそのことを感じました。

取材/I am 編集部
写真/本人提供
文/透明愛好家tomei

この記事を書いた人

井坂 優子
井坂 優子副編集長
仕事、家事・育児に追われ、自分のことを後回しにした30代。40代に突入し、これからの働き方を模索中。強み:やると決めたらすぐ動く。営業一筋で培った断られても大丈夫なマインド。弱み:無趣味。営業マンだったのに口ベタ。
この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン