Person of the hour
注目の人

注目の人切り札の数が自分の存在を唯一無二にする

Marie

プロフィール

翻訳・執筆ブロガーMarie

夫の転勤をきっかけに正社員としてのキャリアをシフトチェンジ。フリーランスとして翻訳やWEB関連で仕事をしつつ、ブログでの発信やセルフ出版も行う。ベストセラーとなったセルフ出版が『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)として商業出版され、現在5万部。3ヵ国で翻訳されている。kindle出版では『ちいさなくふうとノート術』『ときほぐす手帳』など。

英語、中国語、セルフ出版、ブログ、ガジェット…ひとつでは勝てなくてもかけ合わせれば唯一無二に

Marieさんは2006年より運営するブログ「Mandarin Note」で、Kindle・スマホなどガジェットを活用した英語・中国語学習法や、デジタルとアナログの両方を使って暮らしをマネジメントする方法などを紹介しています。

2016年にKindleダイレクトパブリッシングで出版した電子書籍『ちいさなくふうとノート術』がベストセラーとなり、それに目を付けた編集者により、翌年『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)として商業出版もされました。現在5万部を突破し、4ヵ国で翻訳もされています(未出版含む)。

Marieさんの強みはスキルの掛け合わせ。

英語、中国語、セルフ出版、ブログ、ガジェット…。どれか1つに集中し、特化した最強スキルを作ることも出来るが、Marieさんは1つに集中してもトップは取れないと考えています。いくつもスキルを掛け合わせて自分にしか出来ない「唯一無二」の存在であることを選んだと言います。

またブログやTwitterも主流になる前から始めている。例えば最近は音声コンテンツの配信にもチャレンジしたといいます。とにかく気になったものは早めに飛びつきやってみる。そのスピード感も強みのひとつです。

夫の転勤をきっかけにキャリアをシフトチェンジ

Marieさんは夫の転勤をきっかけに正社員というキャリアからどこでも通用する「非正規+フリーランス」というキャリアを確立しました。

夫は大学時代の同級生でした。

しかし結婚後、いつの間にか夫婦関係は「家族を支える一家の大黒柱」と「支える妻」というヒエラルキー型になっていました。このままでは終わりたくないという気持ちから自分のスキルを活かしフリーランスで仕事をするようになりました。

最初は仕事より家事を優先してほしいと思っていた夫も徐々に応援する姿勢に変わっていき、フリーランスの仕事が安定するにつれ、夫婦関係も良好に。

転勤妻は正規雇用が難しくても、自分のスキルや得意を活かして、キャリアの可能性を広げることができると強調。夫の月給以上の稼ぎがあった時は、ひそかにガッツポーズしたといいます。

万が一、夫が倒れても家族を路頭に迷わせることはない安心感。それぞれが異なるフィールドで奮闘しながら夫婦・親子がリスペクトし合える関係でいられる。この良好な家族関係も築き上げたキャリアがあってこそだといいます。

取材・文/I am編集部
写真/shutterstock

この記事を書いた人

I am 編集部
I am 編集部
「好きや得意」を仕事に――新しい働き方、自分らしい働き方を目指すバブル(の香りを少し知ってる)、ミレニアム、Z世代の女性3人の編集部です。これからは仕事の対価として給与をもらうだけでなく「自分の価値をお金に変える」という、「こんなことがあったらいいな!」を実現するためのナレッジを発信していきます。
この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン