Be Career
キャリア設計

フリーランス小説家に聞く「好きを仕事にする」方法好きなことを仕事にするには、会社を辞めるしかない? 二者択一ではなく、「仕事は3つ持つとうまくいく」という新事実!

ログインすると、この記事をストックできます。

小説家になるためには会社を辞めて、フリーランスになって小説に専念すべきか、副業でもコツコツ小説を書き続けるか? 小説家を目指すなら読んでおくべき、現役小説家が教える小説家になるための働き方。

会社員の人が「好きを仕事にしたい」と思うときに出てくる課題のひとつが、「会社を辞めるか、副業でやるか」。会社員を続けながら小説を書き続け、松本清張賞を受賞した小説家額賀澪さんに、フリーランスになるタイミングや見極め方などについて自身の体験と考えを語ってもらいました。(第1回/全3回)

この記事を書いた人

MARU
MARU編集・ライティング
猫を愛する物書き。独立して20年。文章で大事にしているのはリズム感。人生の選択の基準は、楽しいか、面白いかどうか。強み:ノンジャンルで媒体を問わずに書けること、編集もできること。弱み:大雑把で細かい作業が苦手。

ログインすると、この記事をストックできます。

この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン