Series
連載

働く猫図鑑保護猫めいちゃんの恩返し!?会計台で愛想を振りまくアイドル猫! 喜久屋青果店の店長猫・めいちゃん

蓮根、オクラ、トマト、猫。野菜と一緒に陳列(?)されているのは、茶白柄の看板猫めいちゃん。相鉄線鶴ケ峰駅前の鶴ケ峰商店街の人気者だ。

業務担当 愛想振りまき係、店内警備、店の前の交通整理、ネズミ除け
待遇 店長
給料を渡すとしたら? 月給26万
福利厚生は? チュール1本、巨大キャットタワー、がりがりサークルを各部屋になど
お父ちゃんに抱っこしてもらってからの肩乗り
減塩カツオ節
これまでの労使交渉は? 会計台の横で寝ている時などに箱ごと移動すると、ちょっと拗ねる

 

県外からもファン殺到!店先で癒しを振りまくアイドル猫

多頭飼育崩壊でたくさんの猫が保健所に連れて行かれることを知り、生後4ヶ月くらいだっためいちゃんを保護しました。

一緒に店番をするようになったのは6ヶ月ごろからで、自然に朝から晩まで店先にいるようになりました。おかげでネズミも寄り付かず、いい仕事をしてくれています。

箱にはやっぱり入る

instagramを始めてからは、千葉や東京都内からもめいちゃんに会いにきてくれる人が増えました。猫好きなお客さん同士でお話が盛り上がることもあり、みんなを笑顔にしてくれています。

猫店長はトマトになったりキュウリになったり。

お父ちゃんが大好きなので、店内でも肩に乗っていたりします。お父ちゃんとは会話ができるんですよ。お父ちゃんの休憩時間になるとめいちゃんは先にバックヤードで待っているのですが、なかなかお父ちゃんが来ないとオコ顔になって、変な声を出すことがあります。そこもまたかわいいですね。

警備中

野菜の空箱は猫にとって宝箱。トマトになったり、きゅうりになったりして、店先に陳列されています。子猫のときから人が大好きで、まったく人見知りせず、誰に撫でられても気持ちよさそうにしますね。多くの人に愛されて幸せな猫だと思います。

取材・文/MARU
写真/本人提供

この記事を書いた人

MARU
MARU取材・ライティング
猫を愛する物書き。独立して20年。文章で大事にしているのはリズム感。人生の選択の基準は、楽しいか、面白いかどうか。強み:ノンジャンルで媒体を問わずに書けること、編集もできること。弱み:大雑把で細かい作業が苦手。
この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン