Event
イベント

イベント【藤井美穂さんイベント終了】藤井流コンテンツは誰かに求められていること

現在LAで俳優、スタンダップコメディアン、プラスサイズモデルとして活躍し、
日本でも注目されるインフルエンサー藤井美穂さんに自分をコンテンツ化してマネタイズする方法をたっぷり伺いました!

イベントご報告

自分のやりたいことを仕事にするためには何から始めたの?

自分らしく自分を表現し、自分のやりたいことでマネタイズしている”あの人”はどのように「自分をコンテンツ化」したのでしょうか?

現在LA在住、女優・スタンダップコメディアン・プラスサイズモデルなどで活躍し、日本でもインフルエンサーとして注目されている藤井美穂さんにお話を聞かせて頂きました。

ゼロから作るより誰かに求められていること

美穂さんがTikTokで短期間にフォロワーを増やせた理由には何があったのでしょうか?

美穂さんのメインは俳優業。俳優とは監督やプロデューサーが求めているものに自分の個性を表現していくもの。

つまり藤井さんのコンテンツとは、ゼロから作り上げるより、求められているものは何かをつかみ、そこに自分の個性を乗せていくという形でアウトプットしているといいます。

今のトレンドは何かを読んで、そこに自分にしか出せない表現を乗せるのが藤井流です。

藤井流コンテンツとは「流行りもの×自分が持っている個性」の掛け合わせ!

SNSの特徴や個性をつかむことも重要

藤井さんはSNSの特徴が自分の持つ個性とフィットするかどうかも大きいと感じていました。

藤井さんの個性はご自身のセオリーである「アウトプット7割、インプット3割」にもあるように常に表現していくこと。考え抜いてアウトプットするより思いついたらすぐ発信という「ライブ感」にあります。

Instagramのように世界観を作り込むようなアウトプットと自分の個性が合致しなかったそうです。
その点TikTokのようにショート動画でパッと撮れてサクッと配信できる特徴がご自身の個性である「生っぽさ」と非常にフィットしたといいます。

そしてどんどん表現の数を増やしアウトプットしていくことでTikTokで藤井美穂というキャラクターの幅広さに繋がり、今では俳優だけでなく、スタンダップコメディアン、プラスサイズモデル、海外通販サイト「SHEIN」のアンバサダー就任に至る活躍につながりました。

自信がなくても自信があるようにふるまう!

I am読者には、自分に自信が持てず一歩前に出ることが難しいという方が多くいます。

そんな読者に美穂さんからのアドバイスは「自信があるようにふるまう」こと。自分がもしクライアントなら自信のない人に仕事は発注しませんよね。
自信がある人に対して相手も敬意を払うようになり、仕事の交渉などもスムーズにいくようになるといいます。

そんな方に美穂さんから最高のエールを届けたい!
本書は【自己肯定感爆上がりブートキャンプ】仕様になっています!
「自分を見つめ」「自分のコンプレックスを武器にするまで」から「ブランディング戦略」まで網羅された1冊です!

初著書『今のままでゆるぎない自信を手に入れる LAでプラスサイズモデルになった私の人生逆転法』(8/20発売)

『今のままでゆるぎない自信を手に入れる LAでプラスサイズモデルになった私の人生逆転法

登壇者プロフィール

藤井美穂
1993年三重県生まれ。俳優、コメディアン、プラスサイズモデル。
桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻卒業。2014年にアメリカ・ロサンゼルスに渡り、語学、演劇を学ぶ。その後、アメリカで俳優及びプラスサイズモデルとして活躍。また、海外通販サイト「SHEIN」のアンバサダーになるなど、多方面で活躍。Netflix『ユニークライフ』(日本語吹き替え)、『Crazy WokeAsians』(漫談)、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)など出演多数。『「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ』(河出書房新社)に寄稿。

Twitter:@mihoimiofficial
Instagram: @mihoimi
TikTok:@mihoimi

登壇者

プロフィール

俳優、コメディアン、プラスサイズモデル藤井美穂

1993年三重県生まれ。桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻卒業。2014年にアメリカ・ロサンゼルスに渡り、語学、演劇を学ぶ。
その後、アメリカで俳優及びプラスサイズモデルとして活躍。また、海外通販サイト「SHEIN」のアンバサダーになるなど、多方面で活躍。Netflix『ユニークライフ』(日本語吹き替え)、『Crazy Woke
Asians』(漫談)、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)など出演多数。『「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ』(河出書房新社)に寄稿。
この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン