Do Skill
モチベーション

ネガティブ感情に振り回されない方法『まいにちメンタル危機の処方箋』内田舞氏の最新メソッド

ログインすると、この記事をストックできます。

1分でわかる、ハーバード大学准教授・脳神経科学者の内田舞氏の『まいにちメンタル危機の処方箋』(大和書房刊)。

内田舞

プロフィール

内田舞

小児精神科医、ハーバード大学医学部准教授、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長、3児の母。

ハーバード大学准教授・内田舞による具体的なメンタルケアのメソッド

ハーバード大学准教授・脳神経科学者の内田舞による、世界最先端でありながら、世界一やさしいメンタルケアの本。

「感情」に目を向けた、脳神経科学、医学に基づいたメンタルケアです。感情を解き明かすことで、その感情を分析して「再評価」することでネガティブ感情に振り回されずに、よりよく過ごすための具体的なメソッドを知ることができます。

「感情とは何か」を考える
森でくまに出会うと「怖い」という感情が瞬間的に湧く
瞬間的な感情が本当に合ってるかを考える
自分の感情の「再評価」をする

この本を書いた人

内田舞(うちだまい)。今、注目を集める小児精神科医。ハーバード大学医学部准教授、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長、3児の母。2007年北海道大学医学部卒、2011年イェール大学精神科研修修了、2013年ハーバード大学・マサチューセッツ総合病院小児精神科研修終了。日本の医学部在学中に、米国医師国家試験に合格、研修医として採用され、日本の医学部卒業者として史上最年少の米国臨床医に。

こんな人にお勧め

仕事や子育てを頑張りながら、「なんとかやっているけど、最近しんどさを感じている」「ときどき心がパンクしそうになる」「モヤモヤから抜け出したい」という人。ギリギリで頑張ってるけど、ネガティブ感情に振り回されて苦しい人に向けて。

読者の声

本を読んだ人は「湧き出る感情を否定せず、その感情を感じ続けるか、どの程度感じるかをコントロールできるというのが発見だった」「相手の気持ちを自分勝手にあれこれ決め付けて判断してしまう私にとって、考え方を変える良いきっかけになった」「メンタルがやられそうな人や、仕事や友人関係、育児で悩む人たちには刺さる本と思う」など、自分の感情に対する新たな発見をした人も多くいます。

また「オーナーシップを持つことの大切さは、子育てにも通じることで、とても勉強になったし勇気づけられた」と内田舞氏の提唱するオーナーシップが生活に役立つと感じた人も。

世界最先端の知見でありながら、世界一やさしいメソッド本が売りなだけあって、「日常的にできるメンタルケアの方法が分かりやすく、イラストも交えて紹介されていた。特に私が興味深いと思ったのが、「ネガティブな感情を受け入れることの大切さ」。不安、怒り、悲しみ、悔しさなどのネガティブな感情を受け入れて再評価することで、ネガティブをポジティブに転換できるそう。具体的なワークも本の中で紹介されているので、少しずつ試しています」や「心がザワついたときやモヤモヤしたときなど、自分の感情をあとから再評価することで、ポジティブな行動につながると実感しています。手元に心のお守りとして持っておきたい一冊です」という声も。

本の内容

序章 感情ってなんだろう

1章 モニタリングをしてみよう

 心をモニタリングしてみよう

 セルフモニタリングのプロセス

  ステップ① 自分の感情に気づく

  ステップ② 感情を言葉にする

  ステップ③ 感情の背景を分析する

  ステップ④ 行動する(どう行動すればよかったのかを考える)

  こんなときには ケース① 不機嫌な上司がいても平常心を保つには

  こんなときには ケース② 子どもが言うことを聞かずにイライラ…

  こんなときには ケース③ 受験の失敗から立ち直れません

  こんなときには ケース④ 人の目を気にしすぎる性格を変えたい

2章 モニタリングがうまくなるワーク

 ワーク1 その考えにチャレンジしてみる

  *ワークシート その考えにチャレンジしてみる

 ワーク2 認知のゆがみを知る

  *ワークシート 認知のゆがみを知る

 ワーク3 不安や心配な気持ちのなだめ方

  *ワークシート 不安や心配な気持ちのなだめ方

 ワーク4 マインドフルネス

3章 自尊心とオーナーシップ

 モニタリングが得意な人と苦手な人

4章 小さなセルフケアの処方箋

 心の持ち方

 思考法

 行動

購入はこちらから

まいにちメンタル危機の処方箋

著者:内田舞

定価:1650円(税込)

出版社:大和書房 (2024/1/20)

発売日 :2024/1/20

単行本:176ページ

ISBN:978-4479761624

この記事を書いた人

I am 編集部
I am 編集部
「好きや得意」を仕事に――新しい働き方、自分らしい働き方を目指すバブル(の香りを少し知ってる)、ミレニアム、Z世代の女性3人の編集部です。これからは仕事の対価として給与をもらうだけでなく「自分の価値をお金に変える」という、「こんなことがあったらいいな!」を実現するためのナレッジを発信していきます。

ログインすると、この記事をストックできます。

この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン