Event Report
イベントレポート

想いをかたちにして自分らしいビジネスをつくる【会員限定イベント動画】LA発の2万人のブランディングを手掛けたヒロコ・グレース流 セルフブランディングの作り方

ログインすると、この記事をストックできます。 ログイン

【会員限定】イベント動画視聴ができます。2022年4月24日に開催されたセルフブランディングのプロフェッショナル、ヒロコ・グレースさんのイベント動画です。

プロフィール

ライフコーチ/女性起業家プロデューサーヒロコ・グレース

米国ロサンゼルス在住。ライフコーチ。23歳で渡米し、経営歴25年。「ウーマン魅力学®」を考案。より充実した人生を送れるようコーチングを行い、2万人以上の男女を導く。コーチング、セルフブランディング、感性を磨くライフスタイリング講座を開催すると共に、女性起業家プロデュースも手がけている。著書に『結局、心に従ったほうがうまくいく』『夫を最強のパートナーにする方法』(大和書房)など。

ありとあらゆるモノとサービスで溢れる中、優れた商品やサービスであっても、顧客に届くまでの道のりは簡単では簡単ではありません。

購入する際「どんな会社」であるのか、「誰」から購入するのかも選択肢の中の重要事項となっています。

そこでカギとなるのが「セルフブランディング」。そのプロフェッショナルであるヒロコ・グレースさんに極意を解説頂いたイベント動画です。

 

#【会員限定】アーカイブ動画配信中#

自分のWhyを追い求めてLAで起業する

セルフブランディングがビジネスを決めるカギとなる

結局、心に従ったほうがうまくいく』の著者であり、NYやLA、日本で25年以上会社経営をし、2万人以上の女性起業家ら多くの悩みを解決してきたセルフブランディングのプロフェッショナルであるヒロコ・グレースさんにセルフブランディングの7つのステップについてご講演頂きました。

イベント詳細はこちら

ビジネスを始めるうえで、何を作り、何を提供するのか、ということを先行してしまう方が多く、
事業が軌道に乗らない方をたくさん見てきたと、ヒロコ・グレースさんは語ります。

「何を」ではなく、「なぜこれをビジネスにしたいのか?」
Whyから始まる問いかけなしにはビジネスは成功しない。

セルフブランディングの重要性と合わせて、7つのステップで、あなたの想いをより明確にし、それをベースにどのように自分自身を表現するのかについて解説します。

まだ何をビジネスにしようかが見つかっていない方にも、すでにビジネスを始められている方にも、
すぐに実践できるようにワークも取り入れた講演動画です。

《こんな方におすすめの動画です》

  • 好きなこと・得意なことを仕事にしたい人
  • 自分らしく働きたい人
  • 何か新しいことを始めたい人
  • 起業に関心がある人
  • ビジネスが軌道に乗らない人
  • セルフブランディングに悩んでいる人

《登壇者》

ヒロコ・グレース

米国ロサンゼルス在住。23歳で渡米し、28歳の時ニューヨークにて起業。

現在は日米に2社、経営歴25年。2008年に日本へ一時帰国し、海外生活の中で経験した多様性における人間関係の構築について、「ウーマン魅力学®」を考案。あらゆる場面においてのジェンダーギャップをなくし、男女がパートナーとして切磋琢磨し、より充実した人生を送れるようコーチングを行い、2万人以上の男女を導く。2020年、女性がどのステージにおいても “自分軸” を持って精神的にも経済的にも自立できるようになったと確信し、セルフブランディング講座「eB- school 」を始めたところ、瞬く間に満席に。2021年、アメリカに戻り、女性活躍の基盤となるグロースマインドセット、コーチング、セルフブランディング、感性を磨くライフスタイリング講座を開催すると共に、女性起業家プロデュースも手がけている。

著書に『結局、心に従ったほうがうまくいく』『夫を最強のパートナーにする方法』(大和書房)など。

【会員限定】イベント動画視聴できます

会員限定でアーカイブ動画が視聴できます。視聴ご希望の方は会員登録が必要です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

この記事を書いた人

I am 編集部
I am 編集部
「好きや得意」を仕事に――新しい働き方、自分らしい働き方を目指すバブル(の香りを少し知ってる)、ミレニアム、Z世代の女性3人の編集部です。これからは仕事の対価として給与をもらうだけでなく「自分の価値をお金に変える」という、「こんなことがあったらいいな!」を実現するためのナレッジを発信していきます。

ログインすると、この記事をストックできます。 ログイン

この記事をシェアする
  • LINEアイコン
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン